ビューカードETCのお得な使い方

ビューカードETC

JR東日本が提供しているビューカードは、スイカ定期券と一体型のカードもあり、人気になっているようですね。

ETCカードもビューカードETCを選ぶ人が増えているみたいです。

ビューカードが便利なのは、JRだけじゃなく首都圏の私鉄やバス、地下鉄にも乗れて、乗り越しの精算だってビューカードで自動的にできちゃうから、精算機で並んだりする手間も時間もかからないんですよね。

またビューカードを使って貯まったポイントは、スイカのチャージとしても使えるから、ムダがありません。

ということで、ETCもビューカードを選べば、ETCの利用に応じてポイントが貯まっていくから、電車でも自動車でも、出かけることがあれば勝手にポイントが貯まっちゃうんです。

ビューカードは年会費500円が必要ですが、リボ払いのビューカードだと年会費は無料です。

年会費1,000円のルミネカードを作れば、スイカの定期券機能はもちろん、ルミネでの買物が5%オフになるそうです。

ルミネの店頭だけではなくルミネのネットショップでも同様に使えるから、ポイントも貯まりやすいんじゃないかな。

ルミネを頻繁に利用している人にとっては、年会費は1,000円とちょっと高めだけど、それ以上の価値があるカードかもしれませんね。

それにしてもビューカードって便利ですね。

定期券としてもクレジットカードとしても、乗り越し精算でも使えるから、財布の中にコレさえあれば、フル活用できるんじゃないかな。

ただ、機能が多ければ多いほど、紛失した時に心配ですよね(-_-;)

ETCカードに関しては、単独での発行なので、そんな心配はありませんけどね。

ETCカードも、ビューカードの場合は、年会費500円が必要なようです。

リボ払いのビューカードなら無料なんだとか。

どうしてもリボ払いに誘導したいって感じですね(^_^;)

リボは利息がつくし、損することが多いので、年会費を払う普通のカードの方がいいでしょうね。

ビューカードのようなカードで西日本版ってないのかなあ・・。

クレジット機能までついたイコカって知らないし、電子マネーとして使えるイコカが、ビューカードに一番近いのかな・・。

そう言えば・・J-WESTカードっていうのがあるから、それが一番ビューカードに近いのかも。

カードの種類が多くなってくると、普段ほとんど鉄道を利用することのない私には、さっぱりって感じです。

だけど種類が多ければ多いほど、使い勝手のいいカードや、賢く利用できるカードが自分で選べるからいいですよね。

ビューカードETC参考サイト

ETCカード申し込みの注意点
ETCカードの申し込みについて一からわかりやすくご説明しています。ETCカードの割引や特典を活用することでお得度はアップします。
www.xn--etc-083b6htjoh3o2253c5p6b.com/

ビューカードWikipedia